「な」ではじまる義民

中平善之進像
この記事は約6分で読めます。
このページは名前の読みが「な」行ではじまる義民を紹介しています。

中尾重兵衛 江戸時代初期の丹波国多紀郡二ノ坪村(今の兵庫県丹波篠山市)の庄屋。元和7年(1621)、不作の中で生木物の上納を命じた篠山藩を京都所司代に越訴し、この柿年貢は取り止めとなったが頭取として磔刑に処せられた。 

柿の木地蔵(中尾重兵衛と篠山藩越訴)
元和7年(1621)、篠山藩は不作につき柿などの生木物(なりきもの)の上納を領内に命じました。飢えに苦しむ百姓を見かねた...

中川覚右衛門 江戸時代中期の三河国碧海郡安城村東尾(今の愛知県安城市)庄屋。安永8年(1779)の干魃・洪水に際して領主の久永内記に年貢減免を嘆願するものの認められず、嘆願書とともに郷倉に入り切腹したという。これにより年貢減免や救米の給付が認められたため、安永の義民として讃えられた。 

中川覚右衛門墓碑(中川覚右衛門の切腹伝承)
安永8年(1779)、三河国碧海郡安城村(今の愛知県安城市)では日照りや洪水のために不作となり、庄屋の中川覚右衛門は領主...

中川善兵衛 江戸時代後期の佐渡国(今の新潟県佐渡市)羽茂郡上山田村の百姓。天保9年(1838)、佐渡一国惣代として佐渡奉行の圧政を巡見使に訴え投獄されるが、これに反発した島民による「佐渡一国一揆」を引き起こした。 

中川善兵衛の墓(中川善兵衛と佐渡一国一揆)
天保9年(1838)、佐渡国(今の新潟県佐渡市)を訪れた幕府巡見使に対し、佐渡一国惣代として羽茂郡上山田村百姓・中川善兵...

長崎村茂右衛門 江戸時代末期の越中国砺波郡長崎村(今の富山県南砺市)百姓・茂兵衛の倅。地震や天候不順による米価高騰に端を発し、安政5年(1858)7月に五箇山地方の農民が井波町(今の南砺市)の米屋を打ちこわした「長崎村茂右衛門騒動」の頭取として井波町観音寺で磔刑に処された。 

安政義人慰霊之碑(長崎村茂右衛門騒動)
安政5年(1858)、加賀藩領内の米価高騰を理由に、山間部の越中国砺波郡長崎村(今の富山県南砺市)をはじめとする五箇山地...

中島助兵衛 江戸時代前期の美濃国武儀郡桐原村(今の岐阜県下呂市)百姓。万治3年(1660)、尾張藩領で代官が重税を課したため一揆が起きようとしたところ、村人を説諭して思いとどまらせ、単身江戸に出向いて尾張藩主・徳川光友に直訴した。代官は免職となり年貢も軽減されたが、助兵衛は獄死したという。 

義民助兵衛の碑(中島助兵衛と桐洞村越訴)
万治3年(1660)、美濃国武儀郡桐洞村(今の岐阜県下呂市)で尾張藩の重税に反対する農民が神社に屯集し、一揆寸前の状況と...

中条右近太夫 江戸時代前期の遠江国城東郡嶺田村(今の静岡県菊川市)の百姓。旱害に悩む村人のため狂人のふりをして密かに土地を測量の上で幕府に用水路新設を越訴し、寛永3年(1626)に処刑されたという。 

井之宮神社(中条右近太夫と嶺田村越訴)
寛永3年(1626)、遠江国城東郡嶺田村(今の静岡県菊川市)の中条右近太夫は、水不足に悩む村人たちのため、密かに土地を測...

中筋才蔵 江戸時代中期の淡路国三原郡広田宮村(今の兵庫県南あわじ市)の百姓。天明2年(1782)、縄供出や木綿専売の強化をはじめとする徳島藩の新法に抗議して「縄騒動」を起こし、山添村(同市)清左衛門とともに獄門となる。 

天明志士紀念碑(中筋才蔵と縄騒動)
天明2年(1782)、淡路国(今の兵庫県)では縄供出や木綿の専売強化を巡って多くの農民が大庄屋の屋敷に押し掛け、負担軽減...

永田隆三郎 江戸時代後期の肥後国天草郡古江村(今の熊本県天草市)庄屋。困窮百姓の救済策に当たる「百姓相続方仕法」を巡り、弘化4年(1847)に発生した「弘化の大一揆」の頭取となり、嘉永2年(1849)に処刑された。 

法界平等碑(永田隆三郎と弘化大一揆)
弘化4年(1847)、肥後国(今の熊本県)天草地方で一種の徳政令に当たる「百姓相続方仕法」の延長を巡って1万5千人規模の...

中平善之進 江戸時代中期の土佐国高岡郡檮原(ゆすはら)村(今の高知県高岡郡檮原町)庄屋。宝暦5年(1755)、土佐藩の専売制に対抗して「津野山一揆」を起こし死罪となる。死後怨霊を恐れた藩が「お城八幡」に祀ったという。 

風神鎮塚(中平善之進と津野山騒動)
江戸時代中期、土佐藩は専売制の強化で財政再建に当たろうとしますが、産物を安く買い叩こうとする特権商人と百姓らの軋轢が深ま...

夏梅太郎右衛門 江戸時代中期の播磨国多可郡熊野部村(今の兵庫県多可郡多可町)の庄屋。生野代官に減租を求めてたびたび直訴し火刑に処せられたと伝わる。杉原河畔の夏梅太郎右衛門終焉の地には顕彰碑が建つ。 

夏梅太郎右衛門顕彰碑(夏梅太郎右衛門と熊野部村訴願)
播磨国多可郡熊野部村(今の兵庫県多可郡多可町)の庄屋・夏梅太郎右衛門は、生野代官に対して何度も減租を嘆願し、ついに明和元...

滑甚兵衛 江戸時代中期の播磨国飾西郡古知ノ庄村滑(なめら)(今の兵庫県姫路市)の百姓。塩田利兵衛・又坂与次右衛門らとともに姫路藩領の全藩一揆「寛延一揆」を主導したとして寛延3年(1750)に処刑された。 

置塩神社(滑甚兵衛と播磨寛延一揆)
凶作や御用金賦課により百姓の負担が増大した播磨国(今の兵庫県)姫路藩領では、寛延元年(1748)から翌年にかけて1万人規...

鳴尾の義民 天正19年(1591)の「天正北郷樋事件」により刑死した犠牲者をいう。武庫川水系からの取水を巡り上流の摂津国武庫郡瓦林村と下流の鳴尾村(ともに今の兵庫県西宮市)との間で水争いの乱闘が発生、秀吉の喧嘩停止令に違反したとして鳴尾村25人、瓦林村26人が磔刑に処せられた。 

北郷開樋殉難者之碑(鳴尾の義民と天正北郷樋事件)
天正19年(1591)、干魃に悩む摂津国武庫郡鳴尾村(今の兵庫県西宮市)は枝川上流の瓦林村(同市)から無断引水し、両村百...

新山為盛 江戸時代末期の琉球国の面縄間切犬田布村(今の鹿児島県大島郡伊仙町)の農民。砂糖横流しの嫌疑で役人から拷問を受け、地元農民150人余りが蜂起した「犬田布騒動」の発端となる。 

犬田布騒動記念碑(新山為盛と犬田布騒動)
江戸時代、薩摩藩の支配する奄美群島の徳之島では、特産物である黒糖の専売制が強化され、密売は死罪にあたる大罪とされていまし...

西尾六右衛門 江戸時代前期の摂津国西成郡山口村(今の大阪府大阪市)庄屋。中島大水道の開削を幕府に訴願するも、無許可のまま工事を行い、その責を負って他の発起人とともに切腹したという伝説を残す。 

さいの木神社(西尾六右衛門と三庄屋切腹伝承)
延宝6年(1678)、摂津国山口村(今の大阪府大阪市)の西尾六右衛門ら3庄屋は、西中島一帯での水害解消のため、幕府に無断...

西谷村又兵衛 江戸時代後期の大和国吉野郡西谷村細峠(今の奈良県吉野郡吉野町)百姓。文政元年(1818)、旗本・中坊氏の平尾代官所に強訴して代官を殺害した「竜門騒動」の発頭人として獄門を申し渡されるが、執行前に牢死した。 

平尾代官所跡(西谷村又兵衛と竜門騒動)
大和国吉野郡龍門郷(今の奈良県吉野郡吉野町・宇陀市)15か村は旗本・中坊広風の知行所でしたが、出役(代官)の浜島清兵衛が...

西原九兵衛 江戸時代後期の信濃国水内郡浅野村(今の長野県長野市)の豪農・御用商人。天保8年(1837)の飯山騒動に関連して、拷問の末に頭取と白状させられ、同10年(1839)に獄門となる。 

九兵衛地蔵(西原九兵衛と飯山騒動)
天保8年(1837)、信濃国(今の長野県)飯山藩領の百姓が豪農の屋敷を打ちこわすとともに年貢減免を藩庁に要求する「飯山騒...

野木久右衛門 江戸時代中期の駿河国駿東郡萩原村(今の静岡県御殿場市)の鋳掛屋。天明3年(1783)、凶作を理由に小田原藩に年貢減免を強訴した「御厨一揆」の首謀者として翌年死罪となり、後に「四相権現」として祀られた。 

萩原神社(野木久右衛門と御厨一揆)
天明3年(1783)、天候不順による大飢饉に見舞われた駿河国駿東郡萩原村(今の静岡県御殿場市)をはじめとする一帯の村々で...

能美屋佐吉 江戸時代末期の加賀藩金沢城下の髪結床。安政5年(1858)、米価高騰に困窮する民衆2千人余りが金沢城至近の卯辰山に登り、城に向かい「ひもじい」と絶叫した「安政の泣き一揆」の首謀者の一味として処刑される。後に他の犠牲者とともに供養のための「七稲地蔵」が建てられた。 

七稲地蔵(能美屋佐吉と安政の泣き一揆)
安政5年(1858)、米価高騰に苦しむ町民たちが卯辰山に登り、金沢城に向かって「ひもじい」などと泣き叫ぶ「安政の泣き一揆...