四国地方

広告
義民の史跡

七義士神社(大西権兵衛と西讃百姓一揆)

寛延3年(1750)、讃岐国(香川県)丸亀・多度津藩領では飢饉による年貢減免を求めて6万5千人規模の「西讃百姓一揆」が起...
義民の史跡

五社神社(山口吉右衛門と藍玉一揆)

宝暦6年(1756)、徳島藩による藍専売制強化を巡り、阿波国内(今の徳島県)の藍作農家による徳島城下への強訴が計画されま...
義民の史跡

秀塚神社(重清村秀と重清騒動)

宝暦8年(1758)、阿波国美馬郡重清村(今の徳島県美馬市)組頭の妻・お秀は、村を代表して組頭庄屋の不正を徳島藩家老に直...
義民の史跡

坂東町次郎の墓(坂東町次郎と上郡一揆)

天保13年(1842)、重税や煙草栽培の統制への不満から、阿波国(今の徳島県)では山城谷の百姓逃散や加茂山周辺の打ちこわ...
義民の史跡

若宮社(今村久兵衛と片平騒動)

寛永7年(1630)、伊予国久米郡片平村(今の愛媛県松山市)で干魃が起こり、里正(庄屋)の今村久兵衛が検見の上で年貢を減...
義民の史跡

義人の碑(蔵川村吉右衛門と蔵川騒動)

明和7年(1770)、凶作が続く大洲藩領の伊予国喜多郡蔵川村(今の愛媛県大洲市)では、多数の百姓が宇和島藩領に逃散する「...
義民の史跡

庄右衛門堂(田頭庄右衛門と土生騒動)

江戸時代、伊予国越智郡の弓削島(今の愛媛県越智郡上島町)は今治藩が支配していましたが、宝永5年(1708)以降、災害を理...
義民の史跡

武左衛門大いちょう(上大野村武左衛門と吉田騒動)

寛政5年(1793)、伊予国(愛媛県)吉田藩の紙専売制に反対し、宇和郡上大野村(今の愛媛県北宇和郡鬼北町)百姓・武左衛門...
義民の史跡

若宮八幡宮(高橋安之丞と安之丞直訴事件)

江戸時代の貞享年間、土佐国吾川郡上八川村(今の高知県吾川郡いの町)で飢饉が起こり、里正(庄屋)の高橋安之丞が土佐藩に年貢...
義民の史跡

義民小村田之助墓所(小村田之助の義民伝承)

寛永20年(1643)、讃岐国山田郡小村(おもれ)(今の香川県高松市)を干魃が襲い、庄屋の小村田之助は、皆済できなければ...
義民の史跡

平称霊神(平井兵左衛門と小豆島正徳一揆)

正徳元年(1711)、高松藩預地となっていた讃岐国小豆島では、池田村(今の香川県小豆郡小豆島町)大庄屋・平井兵左衛門が年...
義民の史跡

治兵衛堂(工藤治兵衛と大保木騒動)

江戸時代前期の寛文4年(1664)、米が穫れず難儀をしていた石鎚山麓の村々では、年貢米の銀納を求め、中奥山庄屋・工藤治兵...
広告